2011年4月25日

ゴールデンウィーク中の診療予定

4月29日~5月4日まで宮城県の亘理町に再び災害ボランティアに行ってきます。

そのため、診療内容が変更となります。

4月29日(祝) 受付18時まで

4月30日(土) 受付12時まで

5月2日 (月) 受付20時まで

※この3日間は手技(マッサージ)治療は行わず、電気、機械、自費治療のみとなります。

5月3~5日 休診

5月6日より通常どおり診療いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2011年4月20日

災害医療

IMG_0977.JPG
IMG_0985.1.JPG
IMG_1007.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月16・17日、宮城県の亘理町に災害救援のボランティアに行ってきました。

かろうじて集会所を宿泊施設として提供して頂けましたが、

風呂無し、布団無し(持参した寝袋で寝ました)。食事は主に用意していったパン、カップラーメンで過ごしました。

避難所は津波がなかった地域なので電気、ガス、水道全て復旧しており、見た目にほとんど被害がありません。

何事もなかったようにスーパーもコンビニも全てのお店が普通に営業していました。

初めは『本当に被害の遭ったところなのだろうか』と思ったぐらいでした。

しかし町の半分が津波に襲われた地域で、海に近い地域に入ると急に壊滅的被害で、

自衛隊の方などにより、だいぶ片付けられたとはいえテレビで見ていたのと同じ光景広がっていました。

でも映像と違って360°このような光景を目の当たりにすると想像以上で言葉を失いました。

被災者は地元の学校の体育館に避難生活を送っています。

1ヶ月以上も体育館の硬い床で体を縮めて生活し、

昼間はガレキ撤去などで、体は血行も非常に悪く夜も寝れないぐらいつらい状態になっており、

IMG_0986.JPGようやく僕らの技術が活かせる時が来ました。

1日目に治療した患者さんが翌日来て、『震災後、初めてゆっくり寝ることができた。夜中に目が覚めなかったよ。』って多くの方に言ってもらえた。

涙を浮かべてくれた方もいました。

 

ほとんどの被災者の方は家族や何もかも失ったにもかかわらず、普通に笑い、普通に話しています。人々の強さ、前向きさを感じました。

 

今回は、人として多くのことを学ぶことができました。

IMG_1021.JPG
自治体からの依頼がなければ救援に行くことはできませんが、今後も依頼があれば、何度
でも行こうと思います。
 

 
 
 
 
IMG_1013.1.JPG