2015年9月 1日

ドクターと救急救命の勉強です。

8月30日

午前の講習会に続き、午後からは医師会、歯科医師会、薬剤師会と合同で災害時などの勉強会へ参加です。

我々接骨院の先輩が講師しています。
災害時は資材がほとんどありません。
トレーナー活動などしていので、あるもので何とかすることに慣れているので、こういうことは当たり前だと思っていたのですが、医師の方がものすごく興味を持っていることに驚きました。
医師といっても、資材がそろっていない状態での応急処置の仕方が分からない先生が多いんですね。外科以外の先生や歯医者さん、薬剤師さんの方はなおさらのようです。
私も再確認のため受講します。

応急処置に続いて、心肺蘇生とAED訓練です。
心肺蘇生も、少しでも蘇生率を上げるために少しづつ変わってきています。
すでにしっかり学んだつもりですが、考え方や方法の変更点をしっかり修正しておくために参加です。

やはり医療関係者はものすごく真剣です。
私もおごらず精進です。

吉田 誠司さんの写真
吉田 誠司さんの写真